不動産担保ローン

不動産仕入れ会社が教える中古ワンルームマンション経営

スポンサードリンク

不動産仕入れ会社が教える中古ワンルームマンション経営

 

はじめての不動産投資は中古・無料個別セミナー

 

不動産仕入れ会社が教える

 

中古ワンルームマンション経営

 

要点

 

不動産出資のエキスパートはユースド物件を買っている!

 

なぜ、ユースドマンションが出資対象として評判があるのか、とりかかる方が多々あるのかを

 

理解いただけやすく仕組みをご解説します。

 

購買後の集金代理や管理業務まで一貫してお任せいただき、心配無用した財産運用をご用意いたします。

 

購買時の仲介手数料もご負担いただきません。

 

お勧めしたい方

 

関東圏にお家の方で20〜50代年収500万円以上の方

 

出資に関心がある方貯金をやりたい方

 

不動産出資をスタート出来たい方

 

おススメの理由

 

不動産出資を開始出来たいが、多くの不動産企業があり意思決定できない、

 

自身に合ったアイテムが思い当たらない。

 

不動産出資のエキスパートはユースド物件をショッピングしています。

 

新築物件と比べると安価であり、不動産出資のビギナーには適しています。

 

物件仕入れ企業からのショッピングであればいくつかの物件から、ご自らに合う物件を選択して

 

ショッピング可能な事も最大限の良いところです!

 

メッセージ

 

現在、注意されている不動産出資。

 

取り扱う不動産企業も増加性質にある中で、どこの法人から購買すればよいのか決断できない方も

 

多々あるはず、選択を間違えてしまうと大きなクレジットを抱えてしまう事に…

 

株式会社SGSでは、出資用の不動産を取り扱い12年。

 

過去の取引経験を生かし、多くの方の財産運用アフターケアをする事が願いです。

 

不動産仕入れ企業が教える  ユースドワンルームマンション経営

  

 

フリーの個別セミナー  株式会社SGS

 

実際、注意されているユースドマンション出資如何なる方がはじめているのか

 

給与所得以外の副収入を安定的に得たい企業員の方。

 

子供の教育財源の確保に心もとないを感じていらっしゃる方。

 

出資に関心はあるが一歩踏み出せない方。

 

老後の暮らし財源、ゆとり元金が心もとないな方。

 

責務ある立場で多忙ではあるが、財産運用に関心がある。

 

ユースドマンションを進める大きな要因があります。

 

私的年金老後の暮らし費は公的年金だけでは足りません。

 

クレジット完済後は家賃収入が「私的年金」になる。

 

老後の暮らし費はどんだけ必須か。

 

わが国の年金システムについては、決まりの成熟化と人口の老齢化によって今後ますます

 

年金受給者が増大し、年金給付費が急増する事となりますが、出費を負担する加人者の方は

 

あまり増加が見込めません。

 

それにより、このままでは、年金仕組みが成熟する段階で財政の面では容易ならない事態が起こります。

 

マンション経営なら、フレッシュなうちからスタート出来られ、長期間に渡り安定した収人が見込め、

 

老後に働がなくても不労所得が得られます。

 

団体信用生命保険団信が生命保険代わりになります。

 

よしんばの時でも貸し出しの無い財産が残されます。

 

住宅ローンを借りてマンションをショッピングした時、団体信用生命保険に参加しますが、

 

そのとき掛け金は、月次の貸付金入金の中に組み込まれているため別の負担金はないのです。

 

この保険はよしんばの時、住宅ローンの残債を生命保険で完済するためのものです。

 

それ故、残されたこ身内にクレジットの負担が掛がる事もなく、現物財産と月次の家賃収入が得られます。

 

ですから、今現在参加している生命保険を再検討、掛け捨て型の医療保険と並存する事で

 

月次の支出額を減らす事もできるです。

 

節税対策

 

マンション経営すれば確定申告する事で節税が出来ます。

 

確定申告を活用すれば所得税や住民税が減税されます。

 

所得税や住民税は給与所得から各種控除額を引いた課税所得に反対に控除額や税率が決まっています。

 

マンション経営をされているケース、不動産所得にかかった不可欠経費や建物分のクレジットの

 

金利分などが損益通算として計算でき、確定申告をする事で課税所得から差し引く事ができます。

 

これにより、所得税は還付、住民税は減税され節税する事ができるになります。

 

安定の利子

 

不動産出資の強みは安定した家賃と高い利子景気に左右されず安定している家賃時価マンション経営は

 

わりと高い利子で、安定して長期的に収人が得られるのが良いところです。

 

他の金融アイテムが1%未満という低い利率に比較して約3%〜5%の高い利子が見込みでき、

 

民営家賃は経済状況の移り変わりや株式市場・為替時価の移り変わりに影響を受けにくく、

 

なおかつ安定して長期的に利益を獲得できるというのが他の金融アイテムには無い特色です。

 

相続対策

 

相続や贈与の場合も、現金よりも有利な不動産賢く有利な相続対策として推奨しております。

 

相続税は、親戚などが死亡した事により財産を前の代から受け継いだケースや遺言により

 

財産をもらった時に現れてする税金です。

 

死亡した人を被相続人とよび、相続によって財産を受け継いだ人を相続人とよびます。

 

現金の時、その額に反対に税金が課せられますが、不動産のケースはその評価額にそれに対し税金が課せられます。

 

それにより現金の相続に比較し約70%程度になり、出資マンションのように他人に貸している時は

 

その上評価額が低くなるので、支払う税金も少なく抑制する事ができるです。

 

大幅な法改正で相続税が自分の手の届く範囲になっている実際、ちょっとでも節税可能な有効な手段といえます。

 

危険性の分散・和らげる

 

分散出資をする事で危険性を回避する。

 

ペーパー財産に頼らない危険性の分散と低減株式や債券などのペーパーアイテムは、

 

ワールドワイドの経済情勢による時価の変化によって値動きが大いに激しいものが多く、相対的に安定していません。

 

利子や担保力などの安定性、配当・利率分などの採算性、貸し出し使用が可能な利便性など

 

色々な良いところを考慮したケース、不動産出資による危険性の分散と低減は大いにパフォーマンス的であるといえます。

 

2002年4月にペイオフ解禁となり、銀行などが潰れたケース防護される銀行預金の限度額は定期預金や

 

部分銀行預金を合計して元手の1000万円と金利分となり、出資信託や外貨銀行預金は防護対象外となっています。

 

そんな訳で肝心なのが「分散出資」です。

 

中でも危険性が少ないのがマンション出資。

 

そして、2戸、3戸と増やす事で、トータル的に家賃収入も安定していきます。

 

なお、よしんばの天災のときにもエリアを分散させる事で危険性を回避する事ができます。

 

公式サイト不動産投資のプロは新築を買わない・無料個別セミナー

 

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

スポンサードリンク


PR

ホーム RSS購読 サイトマップ