不動産担保ローン

一口家主

スポンサードリンク

一口家主 1口50万円からできる元本安全型の資産運用

 

50万円からはじめる資産運用

一口家主

 

1口50万円からできる元本安全型の資産運用

 

一口家主とは

 

株式会社クレアスライフが運営している新しいカタチの財産運用サービス。

 

1口50万円で都心のマンション1室の共有持分を購買し、買い物した共有持分を

 

クレアスライフに賃貸する事で、クレアスライフから賃貸利益を受け取るという

 

財産運用となります。

 

「一口家主iAsset」の特色

 

資金の確か性が第一と心積もります。

 

現在まで資金割れした実績がないのです。

 

またマンションの金額が下がっても20%までであれば資金は影響なし。

 

安定した高利回り ・想定利子は2.21% 

 

借上バックアップにより空室リクスも低い仕組みとなっております。

 

運用期間は5年です。

 

5年後にクレアスライフがユーザーの共有持分を買い取ります。

 

中途キャンセルもできるです!

 

特に国債からのお預け替え先として評判 

 

現金、銀行預金と、それ以外の金融アイテムと比較して相続税や贈与税の和らげるに強みあり。

 

ところ売り渡しや、分割譲渡もできる。

 

一口家主 お勧めしたい方

 

金融財産(銀行預金含む)が1000万円以上の方

 

一口家主 おススメの理由

 

「一口家主iAsset」はスリリングな出資ではなく、充分に堅実に育てる新しいカタチの財産運用です。

 

なお今まで資金割れをした事がないのです。(2016年6月直近で)

 

ゼロ利率の現在、定期預金や国債のお預け先としてもブームです。

 

50万円からはじめる、資金の確か性を第一に考慮した財産運用。

 

決まったや、国債に変わって選ばれています!

 

元本の安全性を第一に考えた資産運用↓

 

公式サイト【一口家主】

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

不動産投資なら都心部でのワンルームをおすすめします!

 

定期預金や、国債に変わって選ばれている資産運用とは

 不動産投資なら

 

都心部でのワンルームをおすすめします!

 

不動産出資をするならアパートではなく都心部でマンション経営を!

 

不動産出資をするときには、真っ先に「どこで」「何に」出資をするか腹積もりなくてはいけません。

 

都心部以外で1棟アパートにするのか、または都心部で1室ごとのワンルームマンションにするのか、

 

どっちにしようかおジレンマの方も多々あるでしょう。

 

結論から言うと、

 

不動産出資をするのであれば都心部で1室ごとのワンルームマンションの経営をイチ押しします。

 

採り上げるのはその要因をご解説しますので、不動産出資をしようとお考慮し中の方は

 

ポイントにしてみてください。

 

※「ワンルームマンション」は、「1室ごとに調達する単身向き区分マンション」を、「都心部」は「山手線沿線、

 

およびその内側」を、「1棟アパート経営」は「都心部以外外で行う1棟アパート経営」を指します。

 

(都心部にも一棟アパートはありますが、一般のサラリーマンの方が、都心部で1棟アパート経営を

 

土地から調達して行うのは元金的に現実的ではがないため)。

 

1棟アパートは危険性が大きい!

 

1棟アパートの経営は、都心部のワンルームマンション経営と比べると

 

俗に収入が多々あるとされています。

 

けれども、とは言っても1棟アパート経営の方が不動産出資に向いているかと言うと、そうではないのです。

 

1棟アパート経営には、都心部のワンルームマンション経営にはない大きな危険性があるのです。

 

1棟アパート経営の方がとりかかるための経費の総額が高くなります。

 

それにより借入による危険性や、空室が生じた場合の危険性が高くなります。

 

そして、アパートの経営はそもそもの土地所有者が土地の有効応用を目的に

 

アパートを建築する事で行うのが一般的です。

 

都心部と異なる点、賃貸ニーズではなくアパートに適した土地が豊富なエリアでの物件供給が多くなり、

 

競合物件が供給される見込みが高くなります。

 

結果、物件や立地による競争ではなく、家賃額での競争になり、

 

家賃下落や空室が生じる場合が多くなるのです。

 

都心のワンルームマンション1室の時は、ショッピングコスト総額は1棟アパートに比較し安価になるため、

 

小さく始動する事ができるです。

 

収入はアパート1棟に比べると少なくなる反面、土地の仕入れ自体が手に負えなく、競合物件の供給が

 

少ないため賃貸需要が安定しています。

 

良い解釈で需要と供給のバランスが崩れているので、家賃下落の危険性も低くなるのです。

 

そのほかにもアパートにはマンションのような長期修繕計画がない事例が多くなります。

 

それ故年を経るごとに経年劣化による修繕が必須な時分になると、家賃収入を修繕総額に回す事になり、

 

スタート出来た方が存命中は特に問題がなかったのですが、お亡くなりになって相続した息子が修繕費ばかり

 

蓄積しでしまい「もうからない」、なんて話はよく聞きます。

 

 

ポイントケース(筆者担当のクライアントの場合)

 

私が担当したクライアントの中には、こうした方がおられます。

 

そのクライアントは約1年前に小田原の建ってから30年のアパートを調達されました(4%台の利息での融資を活用)。

 

調達その頃は満室でキャッシュフロー大きく黒字でしたが、半年程度で入居者が退去しスタート出来、

 

空室が際立つように。

 

その後危険性分散のためにクレアスライフにて新宿区と港区のワンルームマンションを各々1個室調達されました。

 

小田原の1棟アパートはその後も入居退去が繰り返され、現時点ででは3か月程度空室になっている

 

お個室もあるようで、ユーザーはとても不安しておられます。

 

一方、クレアスライフでショッピングされた新宿区と港区のワンルームマンションは

 

まったく空室もなく、融資の利率も1%台であるためキャッシュフロー面や賃貸に関して不安がないとの事です。

 

できるだけ早く小田原の物件を売り渡しやりたいとお考慮しですが、1棟アパートを提供した企業では

 

オーナー向けの売り渡しアフターケアもがなく、ほかの不動産企業で見積りをだしても調達時に組んだ

 

貸付金の金利分が高く、残債が全く減っていないために、売り渡しをする事で損がでる見込みがあるため

 

売り渡しに踏み出せない様子との事。

 

そのクライアントは一番目からクレアスライフで物件をお願いすればよかったと悔やみされております。

 

長期的な視点

 

こうして1棟アパートで不動産出資をする事例は、ショッピング後1年前後で

 

売り渡しを比較考量しなくてはならなくなる事もあります。

 

不動産出資をするときは、目先の利益ではなく長期的な視点での決断が肝心です。

 

不動産出資をするのであれば、都心部外の1棟アパートではなく、都心部でのワンルームを推奨します。

 

定期預金や、国債に変わって選ばれている資産運用とは↓

 

公式サイト50万円からはじめる資産運用

 

スポンサードリンク


PR

ホーム RSS購読 サイトマップ