不動産担保ローン

武蔵コーポレーション

スポンサードリンク

武蔵コーポレーション 新築と中古の『良いとこどり』自社再生物件で不動産投資

 

不動産投資の無料相談はこちら!【武蔵コーポレーション】

武蔵コーポレーション

 

新築と中古の『良いとこどり』自社再生物件で不動産投資

 

武蔵コーポレーションの評判と口コミ

 

武蔵コーポレーションという不動産出資エキスパートに電話をして話し合いをしてみました。

 

付き合う専門家さんや物件選択しをするケースにもポイントにしてみて下さい。

 

武蔵コーポレーションのもち味武蔵コーポレーションは日本では少ない不動産出資の個人向け

 

財産運用法人で、首都圏エリアに特化した収入用不動産の財産運用を専門に行う不動産法人です。

 

武蔵コーポレーションは仲介物件だけではなく、自社復活物件も解説する不動産企業です。

 

武蔵コーポレーションは物件の解説とあわせて融資付けなどの元金調達のお手伝い

 

(ファイナンスひと工夫)もする財産運用法人です。

 

武蔵コーポレーションは三井不動産を退職した創業者の大谷義武社長が2005年に設立した

 

不動産出資法人で、基本方針は収入用不動産による財産形成と財産保全の

 

プロフェッショナル集団になる事です。

 

つまり、収入用不動産の売買・仲介や賃貸管理を通じ専門知識と知識を駆使する事で、

 

財産形成および財産保全という連続的な関わりの中でニーズに最大限応えられる

 

教授をしていくという事です。

 

特に、収入用不動産出資は税金面・元金調達面など多くの専門知識が要求されるフィールドですが、

 

武蔵コーポレーションは創業以来700棟を超える売買・仲介と10000戸を超える賃貸管理を

 

経験しています。

 

電話チェックの中身

 

不動産出資には色々なニーズがあり参加する出資家屋も色々です。

 

一例を挙げれば、銀行借入で出資利子を追求する若手ビジネスマンがいれば、

 

賃貸アパート・マンションの賃貸収入が目当てのご年配もいます。

 

つまり、出資居宅各々のニーズに合った不動産出資企業を選り抜く事が必須で、特に、

 

以下の5つの見所が多くの不動産出資法人の中から最適な法人を選り抜く上で大切です。

 

どのような物件を解説してもらえるのか?

 

融資付けは協力してもらえるのか?

 

どんなユーザーが多々あるのか?

 

家賃・滞納バックアップや入居募集などのアフターサービスは満喫しているのか?

 

担当者の扱ってがスピーディーで親身になって折衝に乗ってくれるのか?

 

上述の着眼点を聞き出すために、武蔵コーポレーションに実のところに電話でフリー話し合いを行い

 

具体的に以下の質問をぶつけてみました。

 

武蔵コーポレーションの具体的な返答と受けた感触と評価は以下の通りです。

 

武蔵コーポレーションの強みを教えて下さい。

 

最初に不動産出資エキスパートとしての強みを聞きました。

 

質問に対する返答の要旨は以下の通りです。

 

武蔵コーポレーションの自社リユース物件(1棟マンション・アパート)は時価より割安な物件が多く、 

 

一級建築士監修の大スケール修繕施工とインテリア装飾施工を実施済で

 

満室にして渡すのがベースです。

 

武蔵コーポレーションは出資用の不動産を「売って終わり」とは腹積もりていません。

 

財産形成(ポートフォリオ)の助言から物件解説・賃貸管理・出口戦略に至るまで

 

トータルアフターケアしています。

 

武蔵コーポレーションは融資付けに強い企業です。

 

どういった物件を解説してもらえるのか?

 

不動産出資の対象としては新築一棟マンション・ユースド一戸建設・ワンルーム区分マンション・

 

地方のアパートなどがあります。

 

しかも、それらを建築して売るのか仲介で売るのかも聞きたいところです。

 

質問に対する返答の要旨は以下の通りです。

 

武蔵コーポレーションの解説物件は仲介物件と自社リユース物件に分かれます。

 

武蔵コーポレーション自社復活物件のもち味

 

時価より割安

 

一級建築士監修の大スケール修繕施工実施済

 

インテリア装飾施工実施済・満室渡し入居者属性理解済

 

滞納危険性なし(サポート企業参加)

 

仲介手数料要らない

 

提携融資解説できる一括借上げ(サブリース)扱って

 

建物の施工出費負担要らない(1年間)など。

 

融資付けは協力してもらえるのか?

 

融資付けは不動産出資のお薦めのキーポイントであり容易にはいかないところです。

 

融資付けがうまく行くか如何にかで買える物件が変わってくるからです。

 

そんな訳で、どこの金融機構と付き合いがあるのかや利息など融資前提について聞きたいところで、

 

年収制限や属性(一流企業サラリーマンなど)に制限があるのかも聞きたいところです。

 

質問に対する返答の要旨は以下の通りです。

 

武蔵コーポレーションは物件の解説とあわせて財源調達の手伝いもしてくれる財産運用企業ですので、

 

過去の取引実績により15の金融機構と取引をしておりアパートクレジットの金融組織としては

 

3〜4の金融機構と提携しています。

 

武蔵コーポレーションのファイナンス取り合わせ実績金融機構は以下の通りです。

 

利息は年収や属性により色々ですが公務員・大会社ビジネスマンで年収が800万円以上のケースは

 

年率1%台でフル貸し出しもできる、企業経営者や自営業者・開業医の時はキャッシュ3割程度で

 

2.5%〜3%程度の利率となっています。

 

どれほどのカスタマーが多々あるのか?

 

質問に対する返答の要旨は以下の通りです。

 

5000万円以下の物件で最も多々あるのは公務員・大会社ビジネスマンで、それ以上の物件で

 

多々あるのは企業経営者や自営業者・開業医という感じです。

 

2棟・3棟のアパート・マンションを持つオーナーも少なくないのです。

 

家賃・滞納バックアップや入居募集などのアフターサービスは満喫しているのか?

 

武蔵コーポレーションは利益物件の提供だけではなく、その後の賃貸管理や出口戦略(売り渡し)も

 

含め一貫したシステムで賃貸経営をアフターケアしています。

 

家賃の滞納サポートはないのですが一番目は満室にして渡すのが原則です。

 

武蔵コーポレーションには調達者間の情報共有組織である「武蔵コーポレーションオーナーズクラブ」

 

があります。

 

同クラブは武蔵コーポレーションの不動産オーナーによるコミュニティで、オーナーの親睦会や

 

不動産経営についての勉学会を開催しています。

 

感触と総評武蔵コーポレーションの電話質問に対する感触と総評は以下の通りです。

 

武蔵コーポレーションの本社はさいたま市大宮区ですが、武蔵コーポレーションは

 

埼玉県の近隣エリアの出資用不動産の取扱いに特に力を入れています。

 

営業エリアを本社がある埼玉県を中心とした北関東エリアに特化する事で、

 

近場エリアの物件の立地特性を理解しやすい事が長所で、トラブル時などの

 

カスタマーバックアップもスピーディーに行える強みがあります。

 

他にも、東京エリアに比較して地価も低いため10%以上の高利回り物件が

 

多々ある事も長所です。

 

ただ、入居サポートは一番目だけなので高利回りが以前からずっと継続可能なかが着眼点になります。

 

さらに、直近での勢いで武蔵コーポレーションのランクアップが続くと北関東エリアだけに特化する

 

訳にはいかず、いずれは他の地域にエリアを広げる必須が出て来る筈で今後の問題と言えます。

 

武蔵コーポレーションのもう1つの強みは融資付けに強い事です。

 

言うまでもないのですが融資を最終的に判断するのは銀行ですので、銀行の査定を

 

有利に導くには物件のありがたみの向上が欠かせません。

 

その意味合いで武蔵コーポレーションの自社リユース物件は、ユースド物件を改装して

 

付加美点を高め賃貸物件としての競争力を高めるお手頃な戦略と言えます。

 

公式サイト【武蔵コーポレーション】

 

スポンサードリンク


PR

ホーム RSS購読 サイトマップ