不動産担保ローン

ソラリノ

スポンサードリンク

ソラリノ 太陽光発電投資を始めるなら今!

 

sora-reno

 

ソラリノ 太陽光発電投資を始めるなら今!

 

太陽光発電投資ここに注意!

 

ソーラー発電は、出資アイテムのひとつとして扱われ、株式や不動産出資などと

 

対比される事が多くなりましたが、わりと危険性が少なく、手間がかからないという点が

 

太陽光発電出資の大きなトレードマークです。

 

太陽が照っている時はほぼ自動的に発電されますし、国が固定値段で買い取ってくれるので、

 

外的要因に振り回される事が少ない事も長所です。

 

ソーラー発電の詳しい解説

 

今さら聞けない「太陽光発電」のなんだかんだ

 

発電の仕組みや今後性

 

ソーラーパネルって?今後有効に使っていけるの?確か面やバックアップ決まりは?

 

など多様な「光発電」の質問についてお答えします。

 

発電の仕組みや今後性

 

仕組みと今後の動き

 

太陽光発電に纏わる税金と補助金税金

 

:所得税

 

所得税は所得があるケースに納める不可欠のある税金ですが、これは売電による利益が

 

年間20万円を超えるケースのみが課税対象です。

 

売電で得た利益=収入

 

収入から経費を引いたプライス=所得

 

初期導入費などの経費

 

利益に関わる用語では、収入と所得がありますが、前者は単純に売電で得た利益の事で、

 

後者は、収入から経費を引いた価格です。

 

経費とはソーラー発電のケース、初期導入コストなどをさし、17年間は

 

それを経費として計上できます。

 

一般家庭用のスケールであれば、収入自体が年間20万円を超えても初期経費を引く事が

 

可能なので、所得税を納める額に達さない時がそんなにです。

 

:固定財産税

 

固定財産税については、住居用か産業用かという

 

使いどころの異なる点が水準の一つとなります。

 

POINT

 

住まい用でもソーラー発電の据え付け手段によって課税対象になる事があるので

 

要参考に[対象となるもの]住処用10kW以上売電を行う時。

 

※売電を行わないケースでも、住宅の天井に一体化させて据え付けしたり、

 

空き地に据え付けした時は課税対象となる。

 

一方、着脱できるな形での据え付けは、課税対象外とみなされる産業用法人や

 

個人ビジネス主が導入した時はすべて節税対策についてソーラー発電では売電収入について

 

減価償却を計上して税金の負担を減らす事ができます。

 

邸宅(家庭)用算出テクニック

 

年間発電量[A]我が家支出分[B]年間売電量[C]

 

年間発電量[A]のうち、売電したレート[C]をその年の減価償却費に掛け合わせたものが経費となり、

 

これが減価償却費の対象となります。

 

減価償却費(D)※×(C)÷(A)=経費算入できる額(E)

 

※減価償却費(D)・・導入プライス÷17年(光発電の耐用期間)

 

具体的に算出してみましょう。

 

光発電仕組みの導入金額:5kWh170万円

 

年間発電量(A):6000kWh

 

我が家支出分(B):1200kWh

 

年間売電量(C):4800kWh

 

年間売電収入額:182400円

 

一年あたりの減価償却費

 

170万円÷17=10万円(D)

 

減価償却費のうちの経費算入できる額

 

10万円×4800÷6000=80000(E)

 

ソーラー発電による所得額

 

182400(年間売電収入額)-80000(E)円=102400

 

所得が20万円未満であれば、確定申告の不可欠はないのです!

 

以上のような計算式によって、毎年確定申告の場合に、売電収入をマッチして計上する事になります。

 

所得が年間20万円未満であれば確定申告の必須はないのですが年間20万円より多々ある事例には

 

サラリーマンの事例でも各自で確定申告をする不可欠が出てきます。

 

一方、産業用光発電の時には施設にかかった経費丸々が減価償却費とできますが、

 

そこに内蔵されるのは「時の経過により値打ちが減少するもの」とされているため、ソーラー発電に伴って

 

取得した土地については、含める事はできません。

 

導入した施設の減価償却については耐用年月が決断規格となりますが、

 

使用用法により異なる確率があります。

 

加えて発電した電力が売電目的かそうでないかでも異なるのであらかじめ照会をして検証しておきましょう。

 

補助金について

 

住処用(家庭用)に反対には地方自治体の補助金があり、産業用にそれに対しは

 

経済産業省や環境省、日本方針金融公庫といった国が関与する補助金が数多く影響します。

 

両者ともに各補助金システムには前提が設けられており、一例を挙げれば、邸宅用(家庭用)では

 

据え付けところや据え付けのポイント、電力需給の開始ポイントなどがそれに当たります。

 

市町村によって前提が異なるため、補助金ルールは十分に検証する必須があるでしょう。

 

[補助金の交付元]住まい用地方自治体産業用経済産業省・環境省・日本施策金融公庫など

 

※各々補助金の交付を受けるには前提があります。

 

市町村や機構によって要件が異なるため、十分に検証が必須です。

 

今まで光発電の体系、システム、税金、今後性など多角的な視点からご解説してきました。

 

良いところや悪い面、前もっての見定め事項を解釈した上で賢く導入する事で、費用の面でも

 

エネルギー資源の応用という趣旨でも今後性のあるビジネスだと言えるでしょう。

 

太陽電池を豊富につなげたものがソーラーパネル

 

ソーラーパネルは、太陽の光を電気に変換して

 

発電する「太陽電池」をふんだんにつなげたものです。

 

それにより、ソーラーパネルは太陽の光を受ける事で電気を生じてさせます(=光電成果)。

 

光電影響は波長の長い弱い光エネルギーでは起こらないため、ソーラー発電の太陽電池は、

 

シリコンなどの半導体を使用して、ちょっと弱い光でも光電影響を起こさせ、現れてした電子を

 

特定の方向に流して電気として使用可能なようにしています。

 

この太陽電池を風雪など自然環境で傷まないよう維持材で包み、板状にしたものがソーラーパネルです。

 

ソラリノ 太陽光発電投資

 

表面利回りだけでよいですか!?

 

実発電量が違う!高利回り物件多数掲載!

 

土地付太陽光発電所の物件案内サイト ソラリノ

 

土地の調達から運用保守まで1社完結でワンストップサービスで提供いたします。

 

公式サイトソラリノ

 

 

スポンサードリンク


PR

ホーム RSS購読 サイトマップ